セローとクロスカブで楽しんでいます。バイクツーリングやキャンプ、旅行、グルメ、釣りなど趣味を綴っていきます。YouTubeにもアップしていますので、よろしければご覧ください。

TEITO T-DHR-01 カメラ付きインカム

インカムなのにドラレコ

今回はインカムなのにドラレコ機能にもなるカメラ付きインカムのご紹介です!

私達クロスカブ&セロー乗りの夫婦ライダーが実際に使ってみた感想です!
もともとはビーコムを使用しており3~4年経ちますが、それに慣れてしまったので私たちの中ではインカムは必需品となっています。

インカムのメリット

☆給油、トイレ休憩など会話ができる事で分かり合える
☆前方後方の危険予測をお互いに伝えあえる
☆初心者の場合、アドバイスしてもらいながら走れる
☆常に会話ができるのでツーリングの楽しさが増す
☆ヘルメットをかぶりながら電話ができる
☆音楽を聴きながら一人の時間も楽しめる   などなど。

インカムをつけていない頃は、無いのが当たり前でしたが一回つけてしまうとインカム無しではいられなくなりました。
(本当に楽だもん。もっと安くなると嬉しいよね…)

ドラレコ機能

私たちの中ではインカムは必需品となりましたが、ドラレコも必需品になってきていますよね。
「インカムにドラレコがついてたら一石二鳥やなぁ」なんて思っていましたが知らないだけですでにあったんですよね。

それが今回のTEITO T-DRH-01ですよ!
覚えにくい名前なので、インカム+カメラでインカメと呼んでおります。
ヘルメットにいろいろ付けたくないから一カ所でインカムとドラレコ機能を果たしてくれるのは嬉しい限り。

でも正直ビーコムに慣れてたしなー。設置方法とか使い方とか覚え直すの面倒だなーって思った部分はある。
でもTEITOさんの設置動画や説明動画があるとの事だったのでそれを見ながらやる気になりました。

無事にペアリングもでき、ビーコムとも繋がりました。
(こういうのがいつまで経ってもなかなか繋がらないと投げ捨ててやろうかという衝動にかられますが、すぐ繋がったのでストレスなくできました。)


他社とも繋がるので詳しくはTEITOさんの動画みてね。

TEITO公式 取扱徹底解説

最大6人まで通話可能で通信距離は最大800Mです。実際に試した私達の動画もあるので気になる方はそちらをご覧ください。
ソニーカメラと比べた動画などもあるので購入検討の方は、動画をみてもらったほうがわかりやすいかと思います。

みやたびYouTube 実際に試してみました!
      T-DRH-01とソニーアクションカム 
トンネル内

欲を言えば、前後同時録画だと嬉しいのですがそれはそれでお値段も上がる事でしょう。
こちらは手動ですがひっくり返せば後方も録画可能なので煽り運転対策にもなります。

360度回転している所は動画にて!

しかしこの時の映像は反対になります。反対だとしてもドラレコとしては録画できていればいいのでここはヨシとしましょう。
編集ソフトなどで簡単に直すことはできますよ。

カメラもついていると、バッテリー大丈夫?と不安に思いますが、大容量バッテリーですし充電しながら使用可能です。用途によって連続使用可能時間は変わってきますので取扱説明書を参考にして使ってみて下さい。

そして防水防塵!
当然バイクなので雨の中の走行も出てくるわけですよ。
雨で壊れるなら困りますもんね。防水大事!

細かい設定はアプリでできます。録画内容の確認などもスマホを繋げればその場で確認できます。

ナビ接続、音楽シェアなどもできるので機能としては今までのビーコムと変わりはないのですが、そこにプラスとしてドラレコが付いたのは大きいですね。

まとめ

もうすでにインカムがついている方は、悩みどころかもしれまんが、これから購入しようとお考えの方にはコンパクトでとてもいいものだと思います。
ソロツーリングの方だと、会話する相手がいないからインカムはついていなくてもカメラだけでといいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが音楽を流しながら一人の世界を楽しんだり、ナビ音声を聞きながら安全に走行できるのも利点かなと思います。

この製品に限りませんが、バイクは危険が伴う乗り物ではありますので安心の為の装備として考えてみるのもいいですよね。