セローとクロスカブで楽しんでいます。バイクツーリングやキャンプ、旅行、グルメ、釣りなど趣味を綴っていきます。YouTubeにもアップしていますので、よろしければご覧ください。

ホンダ レブル 1100 DCT

レブル

新旧の250ccを乗らさせていただきましたが、足着きも良く、コーナーも曲がりやすく運転の上手くない私でも楽に乗ることができました。男女問わず乗りやすくて楽しいバイクではないでしょうか。
見た目もカッコいいので人気がありますね。ツーリングに行ったら何処かで必ず見かけるバイクです。

今回はレブルの1100ccが出たので気になっていました!
あの乗りやすさで1100cc!

久しぶりの大型バイク

普段はセロー250とクロスカブ110に乗っていますが、一応大型の免許も持っています。久しぶりの大型バイクで緊張しました。

普段軽いバイクに乗っていると、大型バイクに乗るって少し面倒に感じてしまうこともあります。サイズも大きくて重量もあるので乗るとき、降りるとき、止まる時、細い道、坂道、全ての場面で気を使いますよね。

でもこのレブル1100に乗ってみたら街乗りでも全然大丈夫って思えるほどの扱いやすさ。
久しぶりに乗る大型なのに何の緊張感もなく、跨る時、走行中、カーブ、止まるときなど何も不安なく乗ることができました。
大型バイクに乗っているって感じが全くありません。(良い意味で)

でもアクセルを捻れば音も、加速も最高です。そして、乗りやすくてよく走る。
この大型なら女性でも楽に乗れるのではと思います。

DCT

足着きも良く不安なく乗れた要因の一つにDCTがあると思います。
クラッチ操作があるからバイクは面白い。 私もそう思っている一人ですが、実際に乗ってみると非常に楽ちん。
初めてDCTに乗りましたが操作も簡単。アクセル捻るだけですからね。DCTのモード切替もあります。
クラッチ操作、変速は楽しさもありますが、疲れるしエンストする不安もあります。重くて大きいバイクでの悪路であったり細い道路は緊張します。
慣れもありますが長距離や渋滞も大変ですよね。
このバイクが大型なのに不安なく乗れたのもDCTでクラッチ操作なく運転できることも大きいと思います。
足着きが良くて、エンストしない、後は運転に集中できます。

足着き

レブル1100のシート高は700mm。
私は身長163cm、股下靴合わせて78cmですが跨いでみるとこんな感じ。

膝が余裕で曲がります。車両重量は233kgありますが、足着きが良いので、踏ん張らなくても起こせます。
私は立ちゴケの不安は全く感じませんでした。
セローはシート高830mmで133kg。レブル1100より100kgも軽いのですが、セローの方が乗り込み、止まるとき、坂などで足着きに不安があります。
重さがあっても足着きが良ければ怖くないと思います。

試乗

ロングツーリングでも街乗りでも何でも行けるバイクですね。何よりカッコいいから乗っているだけで満足度が上がりそう。
今回乗らせてもらったのがボルドーレッドメタリック。
これがまた良い色なのです。


マジマジと見てしまいます。他にも沢山便利な装備が付いていますが、詳細は動画をご覧いただければと思います。
ホンダドリーム名古屋守山の伊藤翔平店長が装備の一部を説明してくれます!

You Tube

レブル1100動画はこちらから↓↓